スピリチュアル

意識のない父からのテレパシー?亡くなる間際の不思議な思い出

※当サイトの一部記事中にはプロモーション広告が含まれます。

頭の中に突然浮かんできた、まったく予想外な詩の一節

 
それは父が亡くなる間際の、病院での出来事です。

私と妹は、もう意識もなくただベッドに横たわっているだけの父の側に付き添い、子供の頃からの父の思い出話をとりとめもなく話し合っていました。
――と、そんなタイミングでなぜか突然、頭の中に宮澤賢治の「永訣の朝」という詩のフレーズが浮かんできたのです。

(あめゆじゅとてちてけんじゃ)

そのフレーズはしばらくの間、私の頭の中で何度も何度もリピートしていました。

でも、どうして急に?それもなぜこんな時に?宮沢賢治の作品に特に関心を持っていた訳でもないのに…と、あまりの唐突さに自分でもびっくり。
そこへ、父と同居していた妹がおもむろにこんなことを言ったのです。
「(父は)ずっと、みんなで銀河鉄道展望公園に星を観に行きたがっていたよ」
 

「銀河鉄道展望公園」というのは、家からそう遠くない場所(韮崎市)にある公園のことです。
ああ、だから宮沢賢治の詩のフレーズが急に出て来たんだな……と思いました。
(もちろん妹は、私がそれを頭の中で繰り返していたことなんて知りません)
 

父が私たちに伝えてくれた「お別れ」だったのかもしれない

 
人は死の間際、魂が身体を出たり入ったりして命の終わりを迎える準備をするのだと言います。身体の外に出た魂は、肉体という制限が外れてテレパシーを扱いやすくなるのかもしれません。

「銀河鉄道展望公園に、みんなで星を観に行きたかったな」
そんな父の想いがテレパシーとして私たちに伝わり、妹は父の在りし日の言葉を、そして私は銀河鉄道の夜にちなんだ宮沢賢治の詩の一節を思い浮かべたということなのでしょう。

それは消えゆく命の灯を前に、父が私たち姉妹に伝えようとしてくれた最後のメッセージだったのかもしれません。
 

そして翌日、駆け付けた親族全員に見守られる中、父は静かに息を引き取りました。
泊まり込みで父に付き添っていた私は、この時更に不思議な体験をしました。

その時のことはこちらの記事に書いています。よろしければぜひお読みください。
もしも生まれ変わるのだとしたら~父が生きてきた日々に寄せて

 
私はもう既に両親共に亡くしていますが、父が亡くなった時も母が亡くなった時も、色々と不思議な出来事がありました。
そうした出来事がきっかけとなり、見えない世界にどっぷり浸かるハメになった訳ですが…(笑)

そのおかげで今、こうしていられることには本当に感謝しています。
そしてこれからも、見えない世界の真実を、拙いなりに少しずつでも伝えていけたらいいなと願っています^^

 
※この記事は2013年に別ブログに公開したものですが、
そのブログサービスが終了することになったため、新たに加筆してこちらに再掲しています。

 

夕貴

投稿者の記事一覧

占い鑑定士&ライター。
英国流近代スピリチュアリズムを学びつつ、肩肘張らない暮らしの中のスピリチュアルを実践中。Twittreフォローお待ちしてます!

関連記事

  1. 自分に合ったパワーストーンの選び方って?
  2. 猫とコスモス画像 亡くなった人は身内に挨拶をしに訪れる?お通夜の夜の不思議な出来事…
  3. 故人の形見やぬいぐるみの処分方法~大切なのは作法より真心です!
  4. シンクロ2 シンクロニシティに導かれた「人生の転機」:ホワイトデー編

Pickup

オーラ写真でプチ検証!パワーストーンの効果って本当にあるの?

パワーストーンって、本当に効果があるの?――ずっと気になって…

こういうのもアリ?前世物語

ある日突然、職場をクビになってしまった私。事前に自分を占い一波乱あることは知って…

占いは、あくまで占い。あなたには現実を変える力がある

占いに出来ることって実はそんなになくて直接問題を解決したり、悩みを解消したり…

日の出画像 【秘話】火災から8人を救った男子高校生~運命の仕掛けはあまりにドラマチック!

全国ニュースで報じられたスーパーヒーロー物語2017年11月…

ファッションレンタルに興味を持った父 ファッションレンタルに興味を持った亡き父、若返った姿で現れる!

近頃よくTVでコマーシャルをしている、ファッションレンタルの「メチャカリ」……皆…

「あの時、ああしておけばよかった」と後悔しないために

「バイバイ、またね」そう言って見送った、あれが最後の姿だったなんてその時一体…

祈りで困難は避けられないけれど、苦しんだことは決してムダにはならない

辛いこと、苦しいことは私たちの日々の中に常にあって、時にはあまりの困難に挫けそう…

※当サイト内の画像や占い以外の文章の無断転載・転用については固くお断りいたします。⇒ 詳しくはこちらをお読みください。



PAGE TOP