不思議なお話

こういうのもアリ?前世物語



 
ある日突然、職場をクビになってしまった私。
事前に自分を占い一波乱あることは知っていましたが、とはいえ「そうなる理由」までは分からない。
なぜ?クビになるような大きなミスも何もしていないのに……。

そこで、その理由を解き明かしたい衝動に駆られ、私はあるクレアボヤントの先生を訪ねました。
「会社をクビになった理由と、シンクロの意味を知りたい」と……。
これはその時のリーディング結果についてのお話です。

 

クレアボヤントの口から語られる人物像に心当たりが…

 

先生は、深呼吸の後 目を閉じて私のオーラを視始めました。
「……あなたは、もう自分で分かっていたみたいですよ」
そのまま見えたことを話し続け、私はただじっとそれを聞いていました。
 

「あなたは本当は分かっていて、ずっとフタをしていた。
こういう形でないと、進むべき方向へ進もうとしないので。
そこへ行かなければならない……生まれる前から決まっていた。
今、そのフタが開いてしまった」

「山の上に、小さな祠(ほこら)が見えます。
あなたと、誰かもう一人がそこを守っている。
古い……紀元前とかの白装束のような衣装……
巫女と神官……今世で出会う約束をしていた」

「その時ふたりが交わした会話が聞こえて来る。はっきり聞こえます。
カルマになって来ている 出会って解き放つための。
出会ったことでスイッチを押すための仕掛けになっていた」
 
 
語られるその言葉の一つひとつを聞きながら、私は内心かなりの動揺を覚えていました。
今世で出会っているという、その神官の名は――
「Kちゃんに間違いない!」そんな確信が胸をよぎりました。
 

 

私が唯一心を開いた相手、Kちゃん

 

先生によると、私たちは遠い遠い太古の時代、
土着信仰のシンボルのような祠を守る、いわば生贄みたいな神職者だったのだそうです。
神に遣えるため自由が全くなく、息苦しい中で秘めざるを得ない強い想いがあったとのこと。

「自由になりたかった。約束……その続きをしようという約束。
過去世ではあきらめた、再び出会って新しく作り直す……絆のようなものを」
聞けば聞くほど、私の中では「絶対に彼だ」という確信がますます強くなるばかりでした。
 

この、Kちゃんというのは私が唯一、頭が上がらない相手でした。
とにかく存在感が重々しくて、言うことがいちいち痛い所を突くような人。
礼儀正しく常識もある若者でしたが、見た目がかなりやんちゃで、社内でも特に目立つ存在でした。

「Kくん……怖いよ。道歩いててぶつかったら刺されそうだ」
上司が彼のことをこう表現していましたが、なるほど言い得て妙だと思ったくらいです(笑)
 

――そんなKちゃんでしたが、どういう訳か私とはウマが合い、
いつも二人で、誰も入っては来られないような小難しい議論を、ああだこうだと語り合っていました。
性格ははっきり言って一致点のかけらもありませんが、お互いに醸し出す空気感がとても似ていました。

私たちは、このタイミングで出会うことになっていたのだそうです。
出会って絆を結び、結び直すことで ちゃんとほどけて、
お互いがお互いに、本来進むべき「生まれる前に決めて来た道」へ行く、と。
そのためのスイッチを押す仕掛けが施されていたのだと。
 

「初めて前世を視た」というクレアボヤントの言葉に唖然

 

リーディングの後、驚いたことに先生は私に向かってこう言ったのです。
「びっくりしちゃったー!前世ってホントにあるんだ!!」

……ハイ?

「そういうのあるって知ってはいたけど今まで半信半疑で、でもバーンと見えちゃって。
見えたものはそのまま伝えなきゃいけないでしょ」
「……え、いつもはそういうの見えないんですか?」
「うん。よく、飼ってる犬の姿とか、あと蕎麦、蕎麦(そば)って聞こえたり」
「そ、蕎麦…??」
「私も不思議に思ってその方に聞いたら”あっ今蕎麦打ちに凝ってるんです”って」 

うーん、びっくりしちゃったって言われても、ねえ(^^;
その先生の感想に、むしろ私の方がびっくりしちゃいましたよ(笑)
でも、だからこそこのリーディング結果は信ぴょう性が高いのでは、と思いました。
視た本人が驚いているくらいですから、口から出まかせって訳でもなさそうですよね。
 

前世物語
 

神様のなさることにはいつも感心・感動の私に、
「俺は、神様なんて大っ嫌いです。縛られない自由人でいたい」
と、Kちゃんは日頃から言い放っていたのですが……

そのことを先生に伝えると、
「だって(前世では)自由になりたかったんだもの~。(今世で)神様が嫌いなのはそういう理由」
とのことで、前世の影響ってそんなところにも出るんだなあと面白く思いました。

後でこの時のことを書いたメモを見せたら、Kちゃん、絶句していましたっけ(笑)
 

生まれる前に決めてきた、それぞれの道

 

驚くようなシンクロが起きた理由を、先生から直接聞かされた訳ではありませんが、
私たちは、ここから「生まれる前に決めてきたそれぞれの道」に向かうことになっていた、ということ。
そのための合図として、”意味ある偶然の一致”であるシンクロ現象が続いたのだと思います。
時に天は、そうした分かりやすいサインを使って私たちを導いてくれるのかもしれませんね。

「出会って絆を結び直し、そして解くこと。私たちの出会いにはそういう意味がある」
そう言った私にKちゃんが一言、
「あんた、すげえな!!」と……。

この日、私に会う直前に、まさに彼はそれと全く同じ言葉を口にしていたのだそうです。
それこそがシンクロのダメ押し、そして彼にとっては何よりも
この話が正しいということの証明になったのではないかな、と思っています。
 

いつも絶対に敬語を崩さなかったKちゃんが、あの日、私にくれた最大限の賛辞。
あの時の言葉は、私にとっても忘れられない宝物になりました。
彼にはそれ以来会っていませんが、そうした驚きを伴う体験は、人生の中で
きっとまた何度かは訪れるかもしれないな、なんて思っています。
 
 

【参考】出会いを予告されていた相手、Kちゃんについて。
同時に切れたふたつの輪

     

夕貴

夕貴

投稿者の記事一覧

占い鑑定士&ライター。
英国流近代スピリチュアリズムを学びつつ、肩肘張らない暮らしの中のスピリチュアルを実践中。
エンタメ化された現代の占いやスピリチュアル系ビジネスの流行に辟易し、ほぼアウトサイダーのような日々を送っています。

関連記事

  1. 占いの種類って何を選べばいいの? 鑑定時の占術選びのポイント
  2. 猫とコスモス画像 亡くなった人は身内に挨拶をしに訪れる?お通夜の夜の不思議な出来事…
  3. 転機のサイン?身に付けていたアクセサリーが壊れる時
  4. 故人の形見やぬいぐるみの処分方法~大切なのは作法より真心です!

Pickup

現れたおばあ様の霊の姿にオーバーラップする不思議な光景~ミディアムシップ・メッセージ 現れたおばあ様の霊の姿にオーバーラップする不思議な光景~ミディアムシップ・メッセージ

今回ご紹介するのは、ある日のミディアムシップ・デモンストレーションの実習中に、たまた…

相手のない着信

前回は メールが勝手に届く?というお話を書きました。今日は、その別バージョン。…

亡き母に呼ばれた?「とんでもドライブ」な出来事(笑)

母の訃報を母の友人たちに知らせたい、と「突撃お宅訪問」を決行!&nbsp…

スピリチュアリズムの学び~霊的成長と共に物的証拠は必要としなくなる

相談事を仕事にするためには、まずはセラピスト自身の人間力を磨くこと&nbsp…

モノサシからはみ出してしまった線~ものごとの本質は「見えているものの裏側」にある

立ち枯れた一本の梅の木の枝に咲いた、小さな白い花あれは確か、私がまだ小学校の低~…

指導霊、「名前募集バーガー」の影響を受ける?の巻

以前、「指導霊の似顔絵」を描いてもらったことがあるのですが………

猫とコスモス画像 亡くなった人は身内に挨拶をしに訪れる?お通夜の夜の不思議な出来事

祖母のお通夜の夜、甥っ子が見たいくつかの光の玉私の祖母が亡くなった翌日、お通夜の…

Category



※当サイト内の画像や占い以外の文章の無断転載・転用については固くお断りいたします。⇒ 詳しくはこちらをお読みください。
PAGE TOP