自己啓発

誰の人生も「かけがえのない輝き」に満ちている

雲の切れ目から差し込む光

顔なじみの宅配便のおじさんがしばらく姿を見せなかった時期……

 
買い物にも不便なほどの田舎に暮らしている私は日頃から通販のお世話になることが多く、
いつも届けに来てくれる宅配便のドライバーさんとはもうすっかり顔なじみ状態です(笑)

そんな地域の担当ドライバーさんの一人に、かなり年配の方がいらっしゃるのですが……
パッと見、お年は70代初めといったところでしょうか?(違っていたらごめんなさい(^^;)
 

「はい、〇〇からのお届け物ですよ~」
「今日の箱はいつもより重いですよ~気を付けてくださいねー」
などと言われるたびに、私の方も

「あああ……すみませんホントいつもどうも~……^^;」
「えっ?私こんなの注文したっけ……(←忘れた頃に届くモノもあるw)」
てな具合で、もはや荷物の受け渡しが完全に日常のあいさつと化してしまっていた我が家でした。
 

宅配便のおじさん
 

ある時、そんな宅配便のおじさんの姿をしばらく見かけない期間があったのですが……
それから少し時間が経って、久しぶりに我が家に荷物を届けにきたおじさんは、
奥さまが一週間前に他界されたことを、ポツリと私に告げて帰っていきました。
 

――そう、誰の身にもいつ訪れるとも知れない、身内との別れ。
年齢を経るにつれ、その可能性もどんどん高まってくるとはいえ……
私は何だか切ない気持ちでおじさんの車を見送りました。
そして 心の中で静かにおじさんと奥様、それからご家族への祈りを捧げました。
 

 

誰もが一生懸命に生きている、ただそれだけで正解なのだから

 
それからも、まだまだおじさんは元気に荷物を運んできてくれます。

「今日は39度になるそうですよーいやー暑いですね~!」
「ほんとにねえもう……熱中症とかには気を付けてくださいね~」
「参っちゃいますよもう、この暑さだとねー」

受け取った超ドデカい箱をそのまま床に置き、私は心の中で神妙にお辞儀をしました。
 

毎日を一生懸命に生きている、善良なる人々……
たとえば道の脇の木陰に、シルバーカーを止めて涼を求めるお年寄りの姿。
そういう方を見かけるたび、私は内心で手を合わせずにはいられなくなります。

もしかしたら、家族には言いたい放題のうるさ方のおばあちゃんかもしれない。
ご近所では、「超が付くほど頑固者」で有名なおじいちゃんかもしれない。
でも、その人なりに一生懸命に生きてきた時間は、紛れもない現実だから。
 

お年寄りの手
 

今、たくさんの「気づき」や「生き方」に関する情報が巷にあふれています。
ネット上でも、「自分らしく輝く」「自己の強み発見」等の言葉を見かけない日はありません。

でもね、生きることにただただ必死で、自分のソウルプランなんてことを考えている余裕すらない、
そんなんだって、本当は全然大丈夫なんですよ。
むしろそんなことを考えて生きたお年寄りが、一体何人いるというのでしょうか?
 

頭でっかちに人生を考えるより、手探りでもしっかりと歩いていけばいい

 
生きることに意味を見出せず、うまく生きられないと言っては嘆き、落胆する私たち。
それでも肉体を持っている以上、途中で人生をリタイアすることは出来ません。
どんなにつらくても、傷付いていても生き抜かなければいけない……
誰でも挫折を味わったり、生きることが苦しくなったりする時があるでしょう。
 

私たちの人生の岐路は、意識しようとしまいと、時期がくれば必ず辿り着くようになっています。
何よりも大切なのは、それを知ることではなく「自分で決めてきたミッションをやり切る」こと。
もちろん、そのためのガイドが必要であれば、それを求めるのもアリだと思います。
けれども、手探りでも行き詰まっても、とにかく起き上がることが大切なのだと思うのです。
 

朝焼け
 

そしてね、自分で設定してきたその課題を成し終えたとき、
きっと素晴らしいごほうびが待っているはずですよ!
しかもさんざん苦しんできた、そのミッションの中にこそ姿を現すはず。
 

有名になどならなくても、事業で名を成し大成功を収めなくても、
誰かの心の中にずっとあなたの存在が残り続ける、そっちの方がずっとずっと幸せなこと。

誰の人生にも、必ず「輝きの種」は潜んでいます。
それはもしかしたら、日常の一コマ一コマに溢れている愛なのかもしれない……
そんなことを思いつつ、日々の出来事を大切に味わいながら、私はこうして毎日を生きています。
 

※この記事は別ブログに投稿した過去記事をリライトし、こちらに再掲したものです。
 

 

   
 

夕貴

夕貴

投稿者の記事一覧

占い鑑定士&ライター。
英国流近代スピリチュアリズムを学びつつ、肩肘張らない暮らしの中のスピリチュアルを実践中。
エンタメ化された現代の占いやスピリチュアル系ビジネスの流行に辟易し、ほぼアウトサイダーのような日々を送っています。

関連記事

  1. コロンブスの卵、あなたは実践できる?反対するより行動する方が難し…
  2. エンパス体質とサイキック能力は別もの。脱スピリチュアルエゴで開運…
  3. 夕暮れと花の画像 傷付いても、ただ自分でいればいい。苦しい時にいつも思い出す言葉
  4. 人と自分を比べる必要はない。まずは自分から人の美しさを認めよう

Pickup

英国人ミディアム、キース・ビーハン氏のセッション体験記(後編)

セッションの後半、亡き父が突然、私のペンダントを指差しました※こちらの記事は前回…

りんごを持つ女の子画像 出会いを引き寄せる!?★四柱推命による個別運勢★「婚活&開運手帳」のご紹介

占い付き手帳というと「星ダイアリー」を思い浮かべる人は多いと思いますが(私も使ってま…

空と雲と太陽画像 「霊性を高める」=「サイキック能力を高める」ことではないということ

さて、以前UPした「指導霊の似顔絵」を描いてもらったときの話の続きを書いてみたいと思…

金星サインで恋成就!片想いの彼の恋愛傾向と対策【地のサインの金星】

まだまだお互いのことを深く知らない恋愛初期の頃って、パッと見の雰囲気や、ノリが合…

「天国からの手紙」~休日に読みたいおすすめスピリチュアル本6選

死はすべての終わりではなく、愛する人々は天国でちゃんと生きています…

相手のない着信

前回は メールが勝手に届く?というお話を書きました。今日は、その別バージョン。…

スピリチュアリズムの学び~霊的成長と共に物的証拠は必要としなくなる

相談事を仕事にするためには、まずはセラピスト自身の人間力を磨くこと&nb…

Category






※当サイト内の画像や占い以外の文章の無断転載・転用については固くお断りいたします。⇒ 詳しくはこちらをお読みください。

Sister site’s Twitter

PAGE TOP