Spirit world

亡き母に呼ばれた?「とんでもドライブ」な出来事(笑)

母の訃報を母の友人たちに知らせたい、と「突撃お宅訪問」を決行!

 
母が亡くなった年の暮れ、遺品整理をしていた時に、荷物の中に母宛の年賀状の束を見つけました。
毎年個人的にやりとりをしていた、母の友人らしき人たちからの年賀状です。
それを見ていて、「そういえば、母が亡くなったことをこの送り主達はみんな知らないんだな……」
と、ふと気になってしまったのですね。
 

母は再婚相手の暴力から逃れるために、亡くなる数か月前から身を隠す生活を余儀なくされていました。
そして、裁判と調停を経て離婚が成立し、そのわずか4日後に突然倒れてこの世を去ったのです。

でも、この母の死を知る人はほんとうにごくごくわずかでした。
新聞のお悔やみ欄には、すでに離婚していたため(再婚時の姓ではない)旧姓で載っていましたし、
連絡しようにも、母の友人知人など私が知るはずもなく
また、当時は「母の荷物はすべて再婚相手の手の元にある」という悪条件でしたから……。
 


 

こうして毎年、年賀状を交わすとしたら、よほど親しい間柄に違いありません。
でも、今回突然母からの年賀状が途絶えたら、きっと不思議に思われてしまうでしょうね。

何とかしてこの人たちに、母の訃報を伝えられないものだろうか?
とは思ったものの、私の知人ではないのに、私から喪中葉書を出すのもちょっと変な感じです。
かといって、面識のない私が電話したとしても、どう切り出していいのかすら分かりません。
――そうして考えた末、直接訪ねてしまおう!ということになりました(笑)
その方々から頂いた年賀状を手に持っていれば、べつだん不審にも思われないんじゃないかと。
 

カーナビのルートが違っていた?進路はどんどんおかしな方向へ

 
訪問には、車にカーナビを搭載している友人が付き添ってくれました。
そして、一軒目の訪問先に向かっていた時のことです。

「うーん、この辺りなんだけどなあ……」
住所から行くとそんなに難しくない場所なのですが、どうしてもその家が見つかりません。
「じゃあ、ナビで見てみようか」
私達は、ナビの案内に従ってルートを進み始めました。

ところが、ナビはどんどんとんでもない方向を示し始めています。
「――ねえ、これってもしかして山道、だよね?」
「何か、目的地からどんどん離れて行ってる気がしない?」
私たちは、住宅地を抜け ひたすら山を上ってくねくねと廻り、挙句
「こ……これって、道なの?まさか途中で行き止まりなんてことには……」
と不安になるほどの道なき道、いわゆるけもの道をガタゴトと走っていきました。
 


 

この後、予想もしなかった「まさかの展開」が!

 
もうこうなると完全に、ナビを信じた私たちがバカだったと後悔するハメに。
道なき道を戻ることも出来ず、ただひたすらナビの示す方向へと走り続けるのみでした。

そして、住所からは確かこの辺り……という場所から40~50分ほどかけて、
ひと山をぐるりと回り、ルートに従って山道を降りかけた、その時です。
私たちの目の前に、山を切り開いて作った墓地がパーッと広がったではありませんか。

「え~~~~~~~っ!!!」
一瞬、私は自分の目を疑いました。
――なんと、そこは「母が眠っている霊園」だったのです!!
 


 

ひと山越えて、はるか別の街に眠る母の前に、まさか私たちは呼ばれたというのでしょうか?
「――ごめん、ちょっと寄っていっていいかな」
私は、車を降りてそのまま霊園の中に行き、母の墓前に手を合わせました。

母は、私が母の知人を訪ねて行くことを とても喜んでいるんじゃないだろうか……
そんな思いに駆られながら車に乗り込み、再び走り出したのです。
やがて、ナビの示す場所へと到着した私たちは、もはや完全に言葉を失ってしまいました。
辿り着いたその目的地は、私たちがナビを頼りに進み始めた場所から目と鼻の先、
そう……あの地点から、たった2ブロック手前の交差点だったのです!
 

つまりは、母に呼ばれた「とんでもドライブ」な出来事だった?

 
スタート地点からも見渡せるほどすぐそばだったという、その目的地に対して
私たちは 確かに反対の進行方向を向いてナビをつけはしましたが……
まさか、それが延々と山を越え、坂を下って
母のお墓参りをすることになろうとは、予想だにしませんでした。

「これ、完っ全に、仕組まれたよね……」
何とも疲れた、とはいえ苦笑いを隠せない、とんだドライブとなったこの一件。
まあ、これで母が喜んでくれたのだとしたら、私たちも行った甲斐があったというものです……(笑)
 

夕貴

夕貴

投稿者の記事一覧

占い鑑定士&ライター。
英国流近代スピリチュアリズムを学びつつ、肩肘張らない暮らしの中のスピリチュアルを実践中。
エンタメ化された現代の占いやスピリチュアル系ビジネスの流行に辟易し、ほぼアウトサイダーのような日々を送っています。

関連記事

  1. 占いの種類って何を選べばいいの? 鑑定時の占術選びのポイント
  2. タロットが教えてくれた父の旅立ち
  3. 過去から届いたメール
  4. 塔(Tower)が出た!!

Horoscope

PAGE TOP